余裕を持って-みんなの住宅ローン体験談

住宅ローンは余裕をもって組もう

私は結婚と同時にマイホームを取得して住宅ローンを組んだのですが、もう少し住宅ローンを少なくすれば良かったなぁと思っています。結婚と同時というのは、特に慎重に考えなければいけませんね。というのも、まだ夫婦で生活をしたことがないので、あまり家計的なことが分からないからです。

 

だいたい一般的に住宅費は家計の3分の1以下が適正と言われています。実際、我が家もその設定で住宅ローンを組みました。ただ、マンションを購入したので、月々に管理費、駐車場代がかかります。そのことを配慮していなかったので、それを合わせると結構家計を圧迫しています。

 

また、結婚してから途中でマイホームを取得した場合でも、賃貸の時と比べて電気、ガス、水道代が増えて、予定していた以上に出費が増えて家計を圧迫することがよくあるそうです。

 

長期に渡る住宅ローンですから、家計に余裕があるように組むことが大切ですね。子供がいると教育費もかかりますし、将来的には老後資金も確保しなければなりません。

 

消費税増税でマイホーム取得をする人が増えているようですが、慌てず焦らずよく検討することが大切だと思いますね。


ホーム サイトマップ