苦労して完済-みんなの住宅ローン体験談

完済した住宅ロ−ン

バブルの絶頂期にあわてて一戸建てのマイホ−ムを購入しました。二人の子供が高校受験に絡んでくる中学の時で、主人は転勤の多い仕事だったので、そろそろ永住の地をと決めたのです。

 

ところが物件もインフレ状態でやっと当選した家は高額でしたが、清水の舞台から飛び降りる心境で購入を決めました。

 

当然ロ−ンの金利も最高に高く、年利8%前後だったと思います。住み始めて9か月ほどで主人は単身赴任に。

 

そうこうしているうちに娘の大学受験。高校がとても厳しい公立高校だったので、大学は私立に行きたいと言い、お金がないことを理由に娘の希望を叶えることが出来ないのは後で後悔すると希望通りの県外の大学に行かせました。結局3所帯の生活になり、切り詰めた生活を強いられました。

 

でもロ−ンが始まってほんとに大変なのは10年間でした。金利も徐々に下がってきて、毎月の返済額も半額ほどになりました。子供たちも大学を卒業してそれぞれ就職し、あの頃が嘘のように楽になってきました。

 

あれから23年。主人も退職し残りのロ−ンも退職金で完済。借金の代わりに土地建物の財産が残りました。苦労のかいがあったというものです。、生活費を切り詰めるためにいろんなものを手作りしていたあの頃が懐かしく思い出されます。


ホーム サイトマップ